システムエンジニアの仕事

“システムエンジニア”ってどんな仕事?

1. 要求分析(ヒアリング)

お客様の要望を聞き、これからどういうシステムを作っていくか構想を練ります。
お客様が今の業務で困っていることは何かということを洗いだし、システム化することによって解決の手助けをするのが私たちの仕事です。
そのためには、お客様の業務全体を把握しておかなければならないので、幅広い知識と経験を要します。
またここでの作業は、最終的にどのようなものを作り上げていくかを決める重要な場になります。

2. 設計(デザイン)

お客様との打合せをベースに、実際にシステム化する(モノを作る)ための設計を行います。
打合せでは青写真だったものを、現実化するための工程です。
ここでの作業が、次のプログラミングの手順書になります。

3. 実装(コーディング)

前の段階で作成した設計書に従って、プログラムを組みます。
コンピュータを動かすためのプログラミング言語を使って、命令文を記述していきます。
ここで初めてモノ(システムの一部)が動くようになります。
自分が組んだプログラムが実際に動くので、楽しさを実感することができます。

4. 納品(リリース)

完成したシステムをお客様に納める事を納品(リリース)といいます。
これまで作り上げてきたシステムをお客様のところへ持っていき、システム全体の概要と操作説明をし、実際に使っていただきます。
直に反応が返ってくるので、緊張しますが、このとき、お客様から「便利になったよ!」、「お願いして良かったよ。」と感謝の言葉をいただくと、充実感と達成感で、本当にシステムエンジニアをやっていて良かったという気持ちになります。

PAGETOP